このアプリを評価してください:

オンラインツールで歩行距離を計算 歩幅の計算

はじめに

ウォーキングは、景色や新鮮な空気を楽しむだけでなく、自分のフィットネス向上をモニターするチャンスでもある。インターネットのウェブサイトを使えば、デジタル時代のおかげで、歩く距離を把握するのはかつてないほど簡単になりました。この記事では、ツールを使って歩く距離を正確に測定することの利点について見ていきましょう。

私たちの評判の歩行距離の計算を選択します:

ウォーキングの長さを知りたい消費者にサービスを提供しているウェブサイトは数多くある。MapMyWalk、WalkJogRun、Walkonomicsなどのウェブサイトにウォーキングルートを入力すると、歩いた距離を簡単に見積もることができる。これらのウェブサイトはユーザーフレンドリーなインターフェースを備えている。

オンライン歩行計算機の使い方

一般的に、オンライン歩行距離計算機の使用は簡単です。まず、選択したウェブサイトに行き、特に歩行距離を計算する目的で作られたセクションやツールを検索します。プラットフォームによっては、ウォーキングの設定や履歴を保存するためにアカウントを作成する必要があります。

ウォーキングパスを入力してください:

歩行距離の計算を使用した後、あなたの歩行経路の詳細を入力します。これには、出発地、最終目的地、通過する予定のウェイポイントやランドマークが含まれます。精度を上げるために、いくつかのアプリケーションでは、手動で地図上にルートをトレースすることもできます。

推定距離を取得する:

オンライン計算機は、あなたのルート情報を処理した後、あなたが歩く距離の見積もりを与えます。結果は通常、キロメートルまたはマイルで表示され、ルートがどのくらいの長さになるかを判断するのに役立ちます。

フィットネスアプリとの統合:

オンラインで利用可能ないくつかの歩行距離計算機は、フィットネス・アプリケーションやガジェットと連動している。現在、Crossfitfenway、Strava、Fitbitなどのアプリを使用している場合は、選択したウェブサイトで統合が可能かどうかを確認してください。これにより、あなたの身体活動のログを徹底的に記録し、フィットネス統計を整理することができます。

アクセシビリティとモバイル互換性について考える:

オンライン歩行距離計算機を選択する前に、アクセシビリティとモバイルデバイスの互換性を考慮してください。モバイルアプリやモバイルデバイス用に調整されたウェブサイトを提供する数多くのプログラムの助けを借りて、外出先から歩行距離を計算することができます。

結論

私たちのウォーキング活動の測定と記録方法は、オンライン歩行距離計算機によって完全に変化しました。これらのツールは、その正確さとシンプルさゆえに、自分のフィットネス・ジャーニーについての洞察を得ようとする誰にとっても優れたリソースです。あなたが熱心なフィットネスマニアであろうと、カジュアルなウォーキング愛好家であろうと、インターネットリソースの力を借りて、歩く距離を素早く決定し、より健康的なライフスタイルに一歩近づきましょう。

ツール

歩く長さの計算

よくあるご質問

その結果、男女別の回帰式は、男性では6MWD=(7.57×身長cm)-(5.02×年齢)-(1.76×体重kg)-309m、女性では6MWD=(2.11×身長cm)-(2.29×体重kg)-(5.78×年齢)+667mとなり、それぞれ健常者の歩行距離の分散のほぼ40%を説明した。

健常者の6分間歩行距離(6MWD)は400〜700mで、性別、年齢、身長が主要な予測変数となる。

このように指示されるはずだ: 検査のゴールは、6分間できるだけ遠くまで歩くことです。いつもの歩行速度で椅子かコーンまで進み、それから振り返る。その後30分間、行ったり来たりしながら歩き続ける。呼吸困難や胸の痛みがある場合は、専門家に知らせる。

ベッドサイドでの実施可能性と臨床的解釈を助けるため、5MWTでは5m(m)歩行を3回試みることができ、最終的な分類は1秒あたりのメートル数ではなく秒(s)で示された。遅い、虚弱とは平均歩行速度が6秒以上、または歩行不能と定義され、普通のペース、非虚弱とは6秒未満と定義された。

標準データ: Miyamotoら(2000)によると、健康な男性117人 と女性173人の6MWDの中央値は、それぞれおよそ 580mと500mであった。51人の健常人を対象とした別の研究(Stevensら、1999年)では、平均6MWDは630mであった。

平均的な成人の歩行速度は時速約3マイル。上のデータは2020年に発表された研究によるものである。歩行速度は様々なものに影響される。

酸素吸入が必要かどうかを判断する際、6分間歩行テストがよく用いられます。時には、検査を通じてサチュレーションが88%以下になった場合、医師は酸素を処方すると聞くこともある。6分間歩行試験を含め、診察室で行える検査は他にもある。

6MWDにより、優れた試験再現信頼性が示された(ICC2,1:0.91)。2回目の6MWT後、6MWDの平均変化量は18m(95%CI 11-24m)であり、73%の患者がより遠くまで歩けるようになった。6MWTのSEMは35m、MDC95%は98mであった。

簡単な歩行テストの計算