このアプリを評価してください:

減量に役立つデフィシット・カロリー計算機の使い方

はじめに

減量の旅を始めるとき、食事の調整と運動の増加はしばしば組み合わされる。カロリー不足-体が使うカロリーより消費するカロリーを少なくする-という考え方は、このプロセスの基本です。健康的で長期的な減量のために、個々の達成可能な目標を設定するのに役立つ優れたツールが、不足カロリー計算機です。

カロリー不足に関する知識

体が食べ物や飲み物から摂取するエネルギーよりも多くのエネルギーを使うとき、カロリー不足になる。減量は、この不均衡に対応して、体が蓄積されたエネルギー(主に脂肪の形)を使い果たすことによって生じます。赤字カロリー計算機は、あなたの一般的な健康を犠牲にすることなく、減量目標を達成するためにどの程度のカロリー減少が正しいかを把握するのに役立ちます。

不足カロリーの計算機の仕組み

  • 基礎代謝量(BMR):

    計算機は通常、身長、体重、年齢、性別を含む変数に基づいてBMRを計算することから始めます。体の安静時代謝率、またはBMRは、呼吸と体温調節に必要なカロリー数です。

  • 活動レベル

    そして、毎日の活動や運動を考慮して、1日の総エネルギー消費量(TDEE)を計算します。BMRに加えて、TDEEは、身体活動に関連する消費カロリーを考慮に入れます。

  • カロリー摂取量:

    この計算機では、1日の摂取カロリーをTDEEより低くして、カロリー不足を作り出すことを推奨している。赤字の量は、個人の好みや願望によって変えることができます。

個別の減量目標

  • 進歩的で持続可能:

    漸進的かつ長期的な体重減少を促すために、カロリー計算機では頻繁に適度なカロリー不足を提案している。この戦略は、栄養不足の可能性を減らし、健康的な生活習慣の持続的な採用を促します。

  • 現実的な目標を設定する:

    この計算機は、個人の特性や活動レベルを考慮することで、ユーザーが合理的で達成可能な減量目標を設定するのに役立ちます。達成不可能な目標は、モチベーションを低下させ、落胆の原因となります。

  • 栄養素の分布:

    摂取カロリーを減らしても、炭水化物、タンパク質、脂肪の適切なバランスが保たれ、全般的な健康が維持されることを保証するために、計算機は多量栄養素の配分に関するアドバイスも提供する。

開発と修正の追跡

体重を減らすには一貫性が必要であり、赤字のカロリー計算機は一定の基準として使用することができます。定期的に自分の成長を評価する人は、必要な調整を行うことができます。計算機は、継続的な成功を保証するために減量の目的や停滞期があれば調整することができます。

健康意識を高める教材

デフィシェット・カロリー計算機は、利用者が食品消費量、エネルギー消費量、体重コントロールの関連性を理解するのに役立つ。このような知識のおかげで、人々は栄養や生き方に関する決断を下す能力が高まります。

結論

健康的な体重に到達し、それを維持しようとするとき、赤字のカロリー計算機は便利なツールです。これらのツールは、独自の状況に基づいてオーダーメイドの推奨事項を提供することにより、減量へのより多くの知識と成功へのアプローチをサポートしています。減量を成功させるためには、単に統計を取ることよりも、健康全般をサポートする長続きする行動を身につけることの方が重要であることを忘れないでください。

ツール

赤字カロリー計算機

よくあるご質問

カロリー


運動不足(ほとんど運動しない)の人の場合、摂取カロリーはBMR×1.2に等しい。

軽い運動やスポーツを週に1~3日する場合、カロリー計算はBMR×1.375となる。

週に3~5日、適度な運動やスポーツをする場合、BMRに1.5をかけたものがカロリー計算になる。

1日に必要なカロリーは、代謝、年齢、身長、ライフスタイル、体力レベル、摂取する食事の種類や量など、さまざまな変数によって決まる。男性では1日2,500カロリー、女性では1日2,000カロリーが推奨されている。

1キログラムのカロリーは?体脂肪1キログラムのカロリーは合計7700キロカロリーです。カロリー不足を作ることで、1週間に1kgの減量という持続可能な目標を達成することができます。消費カロリーを減らし、定期的な運動をすることで、これを達成することができます。

卵2個のカロリーは?平均的な大きさの卵2個に含まれるカロリーはわずか148キロカロリー、620キロジュール。

食事制限ダイエットをしている人は、例えば1日の摂取カロリーを1,200キロカロリーに抑えなければならない。1日1,200キロカロリーでも安全で有益な人もいれば、十分でなく栄養失調になる人もいる。

例えば、体重80kgの人が1km歩くと、1kmごとに80kgのカロリーを消費することになる。カロリー消費は、時間、歩行速度、体重に影響される。

60分間、時速8マイルで走れば、有酸素運動が完了する。体重200キロの人なら、時速8マイルで1時間(体重91キロ)走れば約1,000キロカロリーを消費できる。体重が軽くてもジムで1時間ほど過ごしたい場合は、もう少し速く走る必要があるかもしれない。

タンパク質はどのくらい摂ればいいのですか?平均的な成人が1日に必要とするタンパク質量は、体重1kgあたり0.75g(女性45g、男性55g)。これは、魚、肉、ナッツ類、豆腐などを1日にだいたい2人前食べる量に相当する。タンパク質の1人前は、大雑把に言って手のひらサイズであるべきだ。

カロリー計算ツール